プチ整形ならボトックス注射がイチオシ【効果の高さを大公開】

  1. ホーム
  2. 簡単なアンチエイジング法

簡単なアンチエイジング法

ウーマン

しわやたるみの改善

ヒアルロン酸注射と同じくらい美容整形の分野で人気のアンチエイジング法が「ボトックス」です。ボトックスはシワを寄らなくする効果がある筋弛緩剤の一種です。注射をする位置によって、様々なアンチエイジング効果を得ることができます。表情ジワを予防したい場合は、表情筋の層にボトックスを注射します。そうすると神経が麻痺して表情筋に命令が行かなくなり、顔面にシワが寄らない状態になります。眉間の縦ジワや目尻の小ジワの予防に効果的です。表情筋よりも浅い層である真皮層に注射すると、たるみのリフトアップや毛穴の引き締め作用が期待できます。シワよりもたるみを改善したい場合や、肌に透明感やつやを出したい場合におすすめなアンチエイジング法です。真皮層に注射することを、マイクロボトックスリフトやメソボトックスなどと言います。表情ジワ改善よりも痛みが少なく、ネックラインのたるみも改善できます。需要の高まりと共に、最近導入している美容クリニックが増えているアンチエイジング法です。ボトックス注射をすることで命にかかわるような重篤な副作用が出ることはないです。ただ、副作用ではなく、「期待していたような効果が得られなかった」というケースが稀にあります。人によってはボトックスを繰り返すと抗体が出来てしまい、注射をしても表情筋が麻痺しないケースがあるようです。逆にボトックス注射が効きすぎてしまうケースもあります。ただ、注射してから数日は、表情筋に注射することで表情が固くなってしまい、こわばった感じになるのは普通のことです。3日もすればそれも改善し、徐々に希望したようなアンチエイジング効果が出てきます。目元にボトックスをすると、まぶたの筋肉が柔らかくなってまぶたが重くなってしまい、二重まぶたが消えてしまうことが稀にあります。これは眼瞼下垂という症状です。しかし、しっかりとした正しいボトックスの知識や経験がある医師に注射してもらえば、そういうリスクは避けられます。もしも眼瞼下垂のような症状が出たら、注射をしたクリニックに相談すれば適切な処置をしてもらえます。